健康診断・特定健診について

健康診断のイメージイラスト

内臓脂肪の蓄積に起因する高血圧症、脂質異常症、糖尿病等の生活習慣病を早期に見つけることを目的として、次の健康診査を行っています。

検査項目

  • 問診
  • 理学的検査(視診・打聴診・触診)
  • 身体計測(身長・体重・腹囲)
  • 血圧測定
  • 血液検査
  • 尿検査
  • その他医師が必要と認めた方に貧血検査・心電図検査・眼底検査

健康診断

入学・入社前等の各種健康診断についてお気軽にご相談ください。
自覚症状が現れにくい病気の代表格に生活習慣病があります。
生活習慣病は早期発見が大切ですが、健康診断はそんな生活習慣病やその予兆を発見する良い機会です。
生活習慣病は「成人病」とも呼ばれ、糖尿病や高血圧、脂質異常症(コレステロールや中性脂肪が高い疾患)などがあります。
主に運動不足、過食、過度の飲酒、喫煙、ストレスの蓄積、そして肥満といった生活習慣の不摂生が原因で起きてきます。
生活習慣病と呼ばれる病気の多くは症状が現れてからでは治療が長引き、心臓病や脳卒中などの重大な合併症を引き起こす可能性も高くなります。
生活習慣病にならないためには、健康な時からの心がけ、そして自分の健康状態をチェックするために定期的に健診を受けることが大切です。
これといった自覚症状が無い厄介な生活習慣病を予防するために、年1回の健診を受けることです。早期発見・早期治療につながります。